【DeFi】SafeRuneとは?仕組みを紐解いてみた【勝手に増える?】

DeFi

こんにちは、Yama Harukiです!

今回は「保有しているだけで勝手に増える」超絶怪しいBSCトークン: SafeRune をご紹介します。

正直あんまり儲からないんですが、他のBSCトークンとは仕組みが少し違っていて驚いたので、備忘録がてら仕組みなどを解説してみました。

まだまだスキャム: 詐欺の可能性も否定できません。がしかし。

運営の方々の動きも一風変わっていて、おもしろいw

「へぇ〜、こんなものが流行り出してるんだな〜」くらいの気持ちでお読みいただけると嬉しいです。

ちなみに、いつもの通りですがトークン購入は自己責任でお願いしますね。

何か損失を被ったとしても、私は一切お助けできません。ご注意を!

わざわざプールしなくても、勝手に保有トークンが増える!?

改めて、あんなトークンやこんなトークンが日々わんさか登場している、Binance Smart Chain (BSC)界隈。

ガス代と呼ばれる取引手数料が安いこともあってか、参入障壁が低く、怪しげなプロジェクトもたっくさん登場しています。

例えば、プリセールと呼ばれる、取引所への上場前にトークンを売り出すキャンペーンをしたかと思いきや、そのままプロジェクトが消えてなくなってしまったり…

この場合、手に入れたトークンはもちろん大暴落しますし、BNBやBUSDなどのしっかり価値のあるトークンに戻すことは非常に困難です。

いやー、本当にハイリスク…ちなみに私も2回ほどスキャムに資金を吸い込まれていますw

で、そんな中、怪しげなんだけども、少し面白そうなプロジェクトを発見したわけです。

そう、SafeRune: https://saferune.com/ です。

公式サイトにアクセスするとわかるんですが、なんだかモン○ターハ○ターのような画調で、ちょっとカッコいいw

で、トークンの仕組みやコミュニティを漁っていると、前述の通り他のプロジェクトとは一風変わったところが、いくつか見えてきます。

  • $SAFERUNE トークンを保有していると、勝手にどんどん増える
  • 運営は宣言どおり、一切トークンを持っていない…ように見える
  • CEOを名乗る方が顔出しをしている

このあたりが特におもしろかったので、順番にご紹介しますね。

勝手に $SAFERUNE トークンが増えるカラクリ

この $SAFERUNE トークン、保有すると本当に量がどんどん増えるんですw

どういうことかというと、SafeRuneの公式サイトにこんな事が書かれています。

High Fee

20% of every transaction is divided into 15% to holders and 5% to the LP.

文字通り、トランザクション(取引)のたびに、その取引トークン量の15%が $SAFERUNE トークンの保有者全員に分配され、もう5%はLP: いわゆる資金プールに再投入される、ということです。

いわゆる Slippage(スリッページ: 売り買いした時の価格差のこと。FXなどでしばしば見かける用語) が非常に大きいんですよね。

ガス代を除いたシンプルな具体例で考えます。

Aさんが 100 $SAFERUNE をBさんに渡そうとすると、 20 $SAFERUNE 差し引かれた 80 $SAFERUNE が、Bさんに渡ります。

で、差し引かれたうちの 15 $SAFERUNE が、既存の $SAFERUNE 保有者全員に分配され、もう 5 $SAFERUNE は、資金プールに戻るわけです。

つまり、$SAFERUNE を保有していると、勝手に全取引中の (15%分 ÷ 保有者数) が分配されて、どんどんウォレットに追加されていくんですw

なかなか画期的ですよね。

わざわざ明示的に資金プールを投入しなくても、勝手にファーミングしているような感じになるので。

…が、前述の通り 資金の送り手からすると 100 $SAFERUNE 送ったのに、受け手には 80 $SAFERUNE しか届かないことになるので「うーん?あれ?」となりますw

次に、これを投機目的のトレーダー目線で考えてみます。

トークンを買った時に 20% 持っていかれて、さらに売るときも 20% 持っていかれるので、なんだかすごい目減りしてるぞ…?となるんですw

なので「ガツンと $SAFERUNE の価値が上がるまで、ホールドじゃ…!」という心理になります。

ということで、案外価格の暴落が起きない、けどどこかでバコッと暴落する、というチキンレース状態が誕生します…なんとまぁよく出来ているw

こういったSlippageが大きいタイプのトークンは、実は他にも存在します。

例えばこちらのMoonRat Finance。

先行かつ有名な銘柄で、取引の際に約10%分が持っていかれる仕組みになっています。

こういったなんちゃらsafe系、ほげほげmoon系と呼ばれるSlippageが大きいトークンが、流行の兆しを見せているようですね。

運営陣が一切トークンを保持していない…?

こちらもSafeRuneの公式サイトに記載があるんですが、このプロジェクトは「最初から100%コミュニティによって運営していく」ことを掲げています。

  • プールから資金を抜いて逃げ出すことはしない
  • コミュニティを育てていけるような活動に注力する

というスタンスのようですね。

その証拠として、運営陣のウォレットの中に $SAFERUNE が一切存在しないことを示すツイートもしています。

ただこれが本当なのか、一体どのウォレットアドレスを見せてきているのかは、正直特定が出来ませんでした…

60%の $SAFERUNE トークンをバーン(トークンを誰も使えない状態にすること)した時のトランザクション(取引)が このContract なので、この From アドレスかなぁと思いつつ。

記事執筆時点だと 10,000 $SAFERUNE を保有しているんですよね。

開発用途でちょっと送金したのかなぁ、うーん…というところまでが私の調査力の限界でしたw

何か良い確認方法があれば、コメントなどで教えていただけると嬉しいです!

CEOを名乗る方が顔出しをしている

この SafeRune プロジェクトは、主に Telegram というチャットツールのルームでコミュニティが展開されています。

で、実際に入ってみるとわかるんですが、CEOを名乗る Lane さんが、実際に顔出しをしながらお話ししている動画を、日々公開しているんですw

最初の動画では Lune さんが

  • 疑うのは当たり前なので、運営陣が実際にどんな人なのかを皆にお見せしたい
  • 16歳の時にFlashゲームと、お互いを高め合うようなそのコミュニティに触れて、感銘を受けた
  • インターネット上のコミュニティを作るのが好きだ

などを仰っていました。

他にもTwitchでAMA(Ask Me Anything: 何でもご質問どうぞの会)の開催をアナウンスしていたりします。

流石にスクリーンショットを撮ってここで紹介するのは気が引けますし、失礼だと思いますのでw

気になる方は公式サイト: https://saferune.com/ の JOIN TELEGRAM から、動画をチェックしてみてください。

まとめ

さて、今回は「保有しているだけで勝手に増える」超絶怪しいBSCトークン: SafeRune をご紹介しました。

Slippageが極端に高かったり、良くも悪くも勝手にトークンが増えるので、自身が本当に儲かっているのかがどんどんわからなくなりますw

こんなものが流行り出しているんだなぁ…という雰囲気を掴んでいただけていれば嬉しいです!

「うおお、このスリルを味わいたいぜ!」という方は、ぜひ自己責任でトークンを購入して、飛び込んでみてくださいw

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました