【株式投資】長期金利と株価はシーソーの関係、って一体どういうこと?2021年2月の相場をざっくり紐解いてみる

米国市場

2021年2月に入ってからの変化

2021年2月に入ったところで、米国の10年債利回り: いわゆる「長期金利」がスルスルと上昇しています。

参考: Yahoo! Finance

一方で、比較的変動性の高いグロース株と呼ばれる銘柄が多い、米国NASDAQ市場の主要100社の指数であるNDX: ナスダック100指数を見てみます。

ちょうど上記の長期金利上昇に弾みがついた2月12日ごろを境に下落傾向にあります。

参考: Yahoo! Finance

各所でよく「長期金利と株価はシーソーの関係にある」と言われるように、実際にグラフの推移を見ても、やはりその関係がありそうなことがわかります。

…なんですが、これ「確かに見ればわかるけど、いや、何で?」となりません?

あんな要素やこんな要素が入り交じる市場なので一概にコレ!とは言えないとは思うものの、とりあえず腑に落ちるまで「何故こうなっているのか」を調べてみようと思います。

発端はバイデン大統領の追加経済対策

まず金利とは、簡単に言うと貸したお金を踏み倒される: 回収不能になるリスクのことです。

このリスクが高ければ高いほど、それに見合ったリターンがあれば、お金を貸す側にはメリットがある、となります。

これを国債に置き換えると、米国へお金を貸す際にどれだけそれが失われる可能性があるか、が金利に繋がってきます。

ここで、直近のニュースを見てみましょう。

バイデン米政権、次の大型経済パッケージを3月にも公表か
バイデン米政権の立法アジェンダの次の段階が早急に固まりつつある。新型コロナウイルス危機に対応するための1兆9000億ドル(約200兆円)の経済対策案を規模や複雑さ、全体的な野心といった観点からはるかに超える可能性がある。

バイデン大統領は1月20日に新政権を発足されて以来、一貫して約200兆円規模の追加経済対策の策定に取り組んでいます。

これがドルの刷り過ぎ・国家の財政破綻のリスクと見なされつつある、と捉えることができます。

このため、金利の上昇が起きています。

長期金利の上昇による株価の下落の心理

ここで、株式投資家の目線に立ってみます。

長期金利が上昇し、ある程度のラインを超えてくる。特に節目となる 2% や 3% を超えそうになると

「じゃあ株買わなくても国債買えば十分リターンが得られるじゃん!株売って国債買うかぁ」となります。

あえてリスクを取ることによって大きなリターンを得るための材料となっていたグロース株や小型株から、資金が安定的で、しかもある程度のリターンがある国債に流れる、つまり株が売られて株価が下がる、ということになります。

まとめ

2021年2月になってから、いわゆる一般的な長期金利の指標とされる米10年債利回りが上昇し、それに連動するような形でナスダック100指数が下落しています。

これは米国へのリスク懸念が高まったことから始まり、多くの投資家全体の心理が「リスクが高いと入っても国債買っておけばそこそこのリターンが得られるなら、株売って国債買うかぁ」となっていることが原因の一つになっていると考えられます。

もちろんこれだけが原因ではなく、あらゆる原因・要素が入り混じった結果、今の状態になっているとも言えるとは思います。

ただ、今の状態を整理する一つの軸にはなりうる考え方ではないか、と私は思います。

タイトルとURLをコピーしました