【図解】SpookySwapでファーミングしてみた!【Fantom】

DeFi

こんにちは! Yama Harukiです。

今回は、話題のブロックチェーン: Fantom を利用した分散型取引所: SpookySwap のお話です。

$FTM と $BOO というトークンのペアを 1:1 で

ステーキング(特定のトークン同士を交換できるようにトークンを預けること)し、

イールドファーミング(預けたトークンの量に応じて、取引の手数料の一部を報酬として受け取ること)

を行う方法を 画像付きで 解説します。

しっかりリスクを確認した上で、チャレンジしてみてください!

盛り上がりを見せている Fantom チェーン界隈

近頃話題の Binance Smart Chain (BSC) の次に注目されるブロックチェーンは一体どれなのか、という議論が各所で行われています。

そんな中でも注目されているのが、この Fantom Foundation によって開発・運営が進んでいる

Fantom チェーン。

チェーン自体の開発が活発だったり、様々なプロジェクトが立ち上がっていたりして勢いがあるんです。また、なんと言っても「トランザクション手数料」の安さが魅力だと思います。

自身のイーサリアムやビットコインを誰かに送信する時は1000円以上の送金料がかかるのに対して、Fantomチェーンの場合はなんとほぼ 1円未満 (だいたい 0.01 $FTM 以下) なんです。

比較的安価とされるBSCでも毎度数十円程度かかることが多いので、この額は驚異的ですw

これによる参入障壁の低さから、今後様々なプロジェクトが立ち上がってエコシステムが拡大し、様々な場面で用いられるようになるのではないか?と考えることが出来ますね。

そして、このツイートの中でピックアップされているものの一つが、

分散型取引所(DEX)の SpookySwap (https://spookyswap.finance/) です。

少しダークな雰囲気がしつつも、この猫ちゃんが独特のタッチでかわいい!w

先日の某Telegram chatでのAMA(Ask Me Anything: 何でも聞いてOKな質問会)で、開発者らしき方が「フルタイムで働く専属のデザイナーが一人いるんだ」と仰ってましたね。一人で全部描いとるんかい、という感じもしますがw

また、今々の使い勝手は非常にPancakeSwapと似ていて、使いやすい印象です。画面はこんな感じ。

さらに、公式ドキュメントのロードマップ: https://docs.spookyswap.finance/roadmap を見ると、既にFantom Foundation から助成金を受けていることがわかります。

今後は

  • コントラクトのソースコード監査の完了
  • チャートや注文履歴付きの(プロ向け)取引画面の提供
  • ユーザー向けのポートフォリオ画面の提供
  • NFTプラットフォームの提供

などに向けて、積極的に開発・運営を進めているようです。

今後ますますFantomチェーン普及の中核を担っていくことになりそうですね。

DeFiにおけるリスクのお話

では早速やり方を…という前に、少しDeFiのリスクのお話をします。

DeFiの界隈ではよく「高利回り!儲かる!」みたいな謳い文句が溢れていますよね。

確かにうま〜く立ち回れば、その通りになることもあります。

が、正直かなりのハイリスクだということを覚えておいた方が良いです。

どんなリスクがあるかというと、例えば

  • トークンの送信先アドレスの指定間違いや操作ミスによって、トークンをまるごと失ってしまう(よく「GOXする」と言います)リスク
  • 流行り廃りや不祥事の影響などで、ステーキングしたトークンの価値が目減りして損をする(インパーマネントロス)リスク
  • ステーキングしていたトークンが、いわゆるハッキングによって誰かに盗み出されてしまう(rug pull: 誰かに資金プールをごそっと引っこ抜かれてしまうこと)リスク
  • 取引所自体のトラブルによって、自身の好きなタイミングでトークンの交換や売却が自由にできない機会損失リスク
  • 取引所の運営メンバーがすべてを放り投げてトンズラし、資金プールをごそっと持ち逃げしてしまう(scam PJ: いわゆる詐欺プロジェクト)リスク

…など、ここでは書ききれないほどです。他にもまだまだあります。

私も実際にこのような経験をしていて、何度か一部資金が吹き飛んだりしています….w

ですので、最初は必ず「万が一全額が吹き飛んでも、冷静でいられる額」で挑むようにしてください。

何か損失を被ったとしても、残念ながら私は一切お助けできません…!

私のこの記事をきっかけに、ぜひDYOR(Do Your Own Research: 自分で調べてみよう の略語)してみてくださいね!

SpookySwapのファーミング方法

心の準備は出来ましたか?w

では、実際にどのような流れでファーミングを行うかを解説していきます。

ひとまず Binance で $BNB を用意

なにはともあれ、仮想通貨取引所: Binance のウォレットに $BNB を用意します。

$BNB とは、Binanceが発行する独自のトークンのことを指します。

この $BNB に対する他の仮想通貨の取引が活発なため、今回の $FTM のような草コインと呼ばれる仮想通貨を入手する際には、ひとまず $BNB を用意しておくと便利です。

bitbankなどの日本国内の取引所でビットコインなどを用意して、Binanceに送金することになります。

ここまでで「なんだかよくわからんぞ!」という方は

まずPancakeSwapでステーキングやイールドファーミングの感覚を掴んでから、Fantomチェーンに挑戦することをオススメします。

適宜、下記の解説記事をご覧ください!

$BNB を $FTM に交換

次に、Binanceのウォレットに用意した $BNB を $FTM にスワップ(交換)していきます。

$FTM とは、Fantomチェーン上の独自トークンのことを指します。

Fantomチェーン上では、自身のトークンを誰かに送る取引の際の手数料を、この $FTM で支払うようになっています。

これが私たちの取引の処理をしてくれるノード(ブロックチェーンのネットワークに接続している機器)群への報酬になります。

Binance Smart Chain上で資金のやり取りを行う際にも、少量の $BNB がかかりますよね。扱いはあれと一緒です。

ということで、この $FTM を早速用意していきます。

Binance の $BNB 立ての $FTM の板(売り注文と買い注文が並んでいる一覧画面): https://www.binance.com/ja/trade/FTM_BNB に移動します。

BTC建てやUSDT建ての板でも良いんですが、私自身元々BSCの魔界を渡り歩いていたので、こちらを選びました。

画面左側の価格を選びつつ、中央下部で数量を調節して $FTM を購入します。

Metamaskウォレットの設定

次に、MetamaskウォレットをFantomチェーンに接続します。

Metamaskのネットワーク: カスタムRPC を選択し、

Fantom Foundationの公式ドキュメント: https://docs.fantom.foundation/tutorials/set-up-metamask を参考にしつつ

  • ネットワーク名: Fantom Opera
  • RPC URL: https://rpcapi.fantom.network
  • チェーンID: 250
  • 通貨シンボル(オプション): FTM
  • ブロックエクスプローラのURL(オプション): https://ftmscan.com/

を入力し、保存します。

下記のような感じになっていればOK。

Metamaskウォレットに $FTM を送信

準備ができたら、BinanceからMetamaskウォレットへ $FTM を送信します。

https://www.binance.com/ja/my/wallet/account/main/withdrawal/crypto/FTM にアクセス。

「受取人のFTMアドレス」に、自身のMetamaskウォレットのアドレスを入力します。

このアドレスはBSCやFantom関係なく同じです。

Metamaskのこの部分をクリックしてコピーし、

これをBinanceの出金画面の方に貼り付け。ネットワークについては FTM を選択します。

画像のようにしばしばメンテナンス状態になることがありまして、もし下記のような感じで選択出来ないようであれば、気長に待ちましょう。

一応「推定回収時間」というのがメンテナンス終了予定時刻です。こちらもちょいちょいオーバーしますので、あんまり当てにしない方がいいですw

準備ができたら、数量を調節しつつ送金します。

通常数分でMetamaskに $FTM が届きますので、確認してみてください。

手元の $FTM を $BOO と交換

いよいよ SpookySwap の登場です。

https://spookyswap.finance/swap にアクセスし、$FTM を一定数 $BOO に変えていきます。

この後 $BOO と $FTM を 1:1 でステーキングしますので、交換しすぎに注意です。

From の部分は自動で $FTM が選択されると思いますので、To の方で $BOO を選択します。

ちなみに $BOO は、SpookySwapにおける独自トークンです。

ガバナンストークン(いわゆる議決権。保有量によって、何かの決め事をする際に参加する権利を主張できる)としての役割や、将来的にSpookySwap上での取引の手数料の一部にもなる予定とのこと。

詳細については公式ドキュメント: https://docs.spookyswap.finance/tokenomics-1/token-and-supply-breakdown をご覧ください。

$BOO + $FTM のLPペアを作成し、LPトークンを入手

次に、用意できた $BOO と $FTM を 1:1 のペアで 流動性プールに投入していきます。

https://spookyswap.finance/add にアクセスして、下記のように

  • Ingredient(材料)A: BOO
  • Ingredient(材料)B: FTM

と指定して、1:1の数量で投入していきます。

Approve BOO を押すと、Metamaskのポップアップ画面が出ますので、表示を確認していきます。

SpookySwapに今回の取引の処理を許可するものですね。

この際の手数料も他チェーンに比べて激安ですw

体感15秒くらい…ですかね。しばらくすると Supply ボタンが押せるようになりますので、クリックしていきます。焦って何回もApproveしてしまわないよう注意です!

このような感じの画面になりますので、取引の手数料を確認しつつ 確認 ボタンをクリックしていきます。

すると、自身のトークン投入量に応じて、また別の spLP トークンがMetamaskウォレットに入ります。

入手したLPトークンを使ってファーミング開始

最後です!

こちらを使ってステーキング(流動性プールに投入したトークン群を、今回でいうとSpookySwap上の取引の際に利用してもらうようにすること)することで、イールドファーミング(その投入したトークンの量に応じて、取引の際の手数料の一部を報酬として受け取ること)を始めていきます。

https://spookyswap.finance/farms にアクセスし wFTM – BOO を選択します。

ちなみにここで出てくる wFTM とは Wrapped FTM のことで、ERC-20 形式に準拠させた $FTM トークンのことを指します。

…なんですが、$FTMのままステーキングしても問題なくファーミング出来ます。

$FTM -> $wFTM の手数料がかからないおかげなのか、SpookySwapがよしなに処理してくれている…たぶん。

詳細が気になる方はGithubリポジトリ: https://github.com/Fantom-foundation/Fantom-wFTM をご覧ください。

ということで SpookySwap に戻ります。w

こんな感じで表示されていると思いますので Approve to Stake をクリックします。

先程の作業で入手した spLP の利用許可画面が出てきますので、こちらを確認。

こちらも体感15秒ほど(やっぱり結構長いですw)待つと + Stake ボタンが出てきますので、クリックしていきます。

自身の spLP トークンをどれくらいステーキングするかを指定して、Confirmをクリック。

再度このような感じでガス代の確認画面が出ますので、確認していきます。

こちらのような画面が出れば完了です。

こんな感じで少しずつ $BOO が増えていくはずですので、確認してみてください。

この $BOO を回収したい場合は Harvest ボタンからどうぞ。

お疲れさまでした!

まとめ

さて今回は、Fantomチェーン上の新興の取引所: SpookySwap にて、独自トークンの $BOO と $FTM をペアにしてステーキングし、ファーミングを始めてみた際のやり方をご紹介しました。

こちらも発展途上感が否めないんですが、なにせデザインがかわいいw

今後の動向に期待です!

また、今回のようなFantomチェーンの最新の動向や、日々の気付きなどを

Twitter: https://twitter.com/ymhrk719 で発信していますので、この機会にぜひフォローをお願いします!

番外編: BEP-2 経由で $FTM を送って Fantom Mainnet へブリッジ

下記の内容については、私自身もまだ調査中です。全然うまくいっていません!w

あくまで参考としてご覧ください。

前述の通り、Binance の $FTM の出金画面: https://www.binance.com/ja/my/wallet/account/main/withdrawal/crypto/FTM において、自身のMetamaskウォレットに $FTM を送ろうとした時。

しばしばこのような表示が出て、送金できない場合があります。

はい、よくこうなるんですw

あまりにBinanceの $FTM の出金に関するメンテナンスの頻度が高すぎて、

「BinanceがBNBからの資金流出を防ぐために、意図的にメンテナンス扱いにしているのではないか?」

こんな憶測がTwitter, Discord, Telegramなどの各所で飛び交うくらいですw

真相は誰にもわかりませんけどね!w

ということで、こうなってしまった時の裏技。

「バイナンスチェーン: BEP-2 ネットワークを通じて fWallet に $FTM を送り、Fantom Operaネットワークにブリッジする」というのをご紹介します。

…が!

この通り、私が試した時はうまくいきませんでしたw

そしてこの時送金した $FTM は未だに引き出せていません…

BEP-2 上の $FTM → Fantom Opera 上の $FTM という流れでトークンが交換されていくんですが、この時の $FTM を交換するための fWallet の流動性が足りず、うまく引き出せない…という事象のようです。

Fantomの開発団体: Fantom Foundation の公式Twitterでも、こんなツイートがありました。

興味がある方はこちらもぜひご覧ください。

「一刻も早くFantomの魔界にチャレンジしたいんじゃ!何でもいいから教えてくれ!」

という方向けに、参考までにこの時の私のやり方をご紹介しますw

ソースはこの辺り: https://fantom.foundation/what-is-fantom-opera/ なので、間違ってはいないはず。

ですが本当に最悪引き出せなくなる可能性があります。必ず最初は少額で試しましょう!

まず、Fantom fWallet: https://fwallet.fantom.network/ にアクセス。

Connect Wallet ボタンから、自身のMetamaskウォレットを接続します。

すると、こんな感じのトップページが表示されます。

Wallet をクリックし、

Receive をクリックした後に Binance Chain を選択します。

そうすると BEP-2 上で $FTM を受け付けてくれるアドレスが出てきます。

これをBinance上の出金画面で指定し、あとはいつもどおり送金するだけです。

うまく着金してブリッジの準備が整っていると、このページ下部に Confirm Deposit があるのでクリックすれば自身のMetamaskウォレットに $FTM が入るはずです。

…が、私はここから先に進めていませんw

うまく行き次第、また追記しようと思います!

タイトルとURLをコピーしました