【図解】Raydiumで $RAY + $SRM のファーミングを行うには?【Solana】

DeFi

こんにちは、Yama Harukiです!

さて今回は、Solanaというブロックチェーン上で展開されている分散型取引所: Raydium で、$RAY と $SRMのファーミングを行う方法を解説します。

Binance Smart Chain 上の様々なトークンが高騰している昨今。

次の主戦場はこのSolanaになるかもしれませんので、ぜひ一緒にファーミングの方法を押さえていきましょう!

RaydiumがSolanaのローンチパッドをリリース予定!

先日、Raydiumが AcceleRaytor というローンチパッドのリリースを発表しました。

ローンチパッドとは何かというと、仮想通貨取引所が展開するIEO: Internal Exchange Offering を行うためのプラットフォームのことです。

また、IEOとは、ある団体が独自のトークンを発行し、投資してくれる人々へそれを付与することを指すICO: Internal Coin Offeringを、取引所が代わりに行うことを指します。

何が嬉しいのかというと、取引所はその発行・付与処理を行う代わりに、その対価として一定のマージンを得ることが出来ます。

また、大口の取引所のローンチパッドの場合は、宣伝なども合わせて行うことが多いです。

トークンの発行団体側としては、知名度が向上することでトークンの流動性の向上や、価格の安定などが見込まれて嬉しいわけです。

さらに、大口の取引所は自身の信用がありますので、そのプロジェクトが急に破綻したり、逃亡したりしないかなどをチェックします。

このチェックを通過している以上、トークンへの出資者からしても詐欺の可能性が比較的低くなりますよね。資産が持ち逃げされてしまうリスクを回避しやすくもなります。

…が、もちろんトークン自体の価格変動リスクは避けられませんし、詐欺プロジェクトである可能性がゼロになるわけではありません。

この辺りの投資は、最悪全額なくなってしまっても冷静でいられるくらいの金額で望むことをオススメします。

話を戻すと、今後様々なSolanaブロックチェーン上のトークンが、このローンチパッドを利用して市場に出回ることになるのではないか、ということで期待が持てますよね。

ちなみにこのローンチパッドでは、Raydiumの独自のトークンである $RAY をステーキングしている人にのみ提供するトークンのプール: RAY Pools や、もう少し広範囲にトークンのプールを提供する Community Pools の2つのタイプを用意するようです。

$RAY の用途が広がりそうですね…!

Serumの独自トークン: $SRM

次に、今回ステーキングする $SRM もざっくりご紹介します。

$SRM とは、分散型取引所: Serum DEX (https://dex.projectserum.com/) における独自トークンです。

こんなノリで、毎週トークンのバーン(発行元がトークンの全体量を減らし、価値を上げること 自社株買いのような感じ)をやっているみたいですw

このSerumは、Solanaブロックチェーン上動作する低トランザクションコスト・スピード性に強みを持つ分散型取引所と、エコシステムのことを指します。

Serumの公式サイト: https://projectserum.com/# を見ると、他のブロックチェーンと同様に、Serumのトランザクションを検証するノードが得られるインセンティブが $SRM である旨が書かれていますね。

また、FTX や Bitmax などの取引所で $SRM 単体のステーキングすることで $SRM が得られる、とのこと。

そしてこのSerumは、FTXを始めとした多数の企業・団体から出資を受けています。トップページの下部から確認できます。

安定した開発・運営資金を用意できていそうですね。

Raydiumで $RAY と $SRM のファーミングをしてみた

それでは、実際にRaydiumで $RAY と $SRM をファーミングする方法をご紹介していきます!

Binance 上で $BNB を用意

巷ではFTXで $SOL を用意するのが主流のようですが、私はBinance上で $SOL を用意してみました。

ということで、兎にも角にもBinance上で $BNB を用意します。

下記の私の記事で用意方法を紹介していますので、適宜参考にしてみてください。

手持ちのビットコインから始めてみたい人はこちらで、

手持ちのイーサリアムから始めてみたい人はこちらからどうぞ。

$BNB と $SOL をスワップ

Binanceのウォレット上に用意したBNBを使って、SOL/BNBの取引ページ : https://www.binance.com/en/trade/SOL_BNB でSOLを一定数用意します。

下記の青枠辺りを操作していけば $BNB を使って $SOL を購入できると思います。

Sollet ウォレットを用意して $SOL を送信

次に、Solana専用のウォレットを用意していきます。

Sollet公式サイト: https://www.sollet.io/ にアクセスすれば一瞬でウォレットが作れますので、こちらから作成してみてください。

このウォレットはMetamaskなどとは違い、ポップアップしたウィンドウを開き続けることで、取引所サイトとの連携を行ってくれます。

ウォレットが作成出来たら、そのウォレットのアドレスをコピーしていきます。

https://www.sollet.io/ の画面で、赤枠の RECEIVE をクリックし、

出てきたアドレスのコピーボタンをクリックします。

コピーが出来たら、このアドレスをBinanceの出金画面: https://www.binance.com/ja/my/wallet/account/main/withdrawal/crypto/SOL にアクセス。

「受取人のSOLアドレス」に、先程コピーしたアドレスを貼り付け、額を指定し送金していきます。

Raydium で $SOL を $RAY や $SRM に交換

次に、用意できた $SOL を $RAY および $SRM に交換していきます。

Raydiumの Swapページ: https://raydium.io/swap/ にアクセス。

最初このページにアクセスした時は To 側に $SOL が選択されていると思いますので、中央の ⇔ ボタンをクリックします。(案外ここがクリックできるボタンだということに気づけないですよね)

すると From が $SOL になりますので、 To 側を $RAY や $SRM にしてみてください。

自身が得られる $RAY や $SRM の数量を確認しつつ、交換してみましょう。

Swap failed と出てしまい、うまく行かない場合は?

実は私がこの作業を行った時、大きな壁が立ちはだかりましたw

どういうわけかRaydiumのSwapページで、$SOLから$RAYや$SRMにスワップしようとすると、下記のような謎のエラーが出現したんです。

何度も試してみたり、少額でのスワップを試してみたり…

色々やってみたんですが、結局このエラーから逃れられず断念。

案外システムが安定していないのかもしれませんね…

ということで、この時私は他のSolanaの分散型取引所: Orca で交換しました。

https://www.orca.so/ にアクセスし、 Exchange ページへ移動します。

ここで、右上の Connect wallet ボタンを押して、自身のSolletを接続していきます。

すると、Solletの接続画面がポップアップで出てくると思いますので、案内に従って進めていきます。

接続後はこのポップアップウィンドウを開きっぱなしにすることを忘れずに。

すると、自身の保有している $SOL 数が、下記のような画面で出ると思います。

ステーキングする $RAY と $SRM がだいたい1:1になるように、それぞれ交換していきます。

よく見ると Rate warning が出ていますね。はい、若干交換レートが良くないんです…

やはり $RAY の発行元であるRaydiumでやるよりは少しばかりレートが劣るようなんですが、私がさっと調べていた限りだとここが一番まともでした。

その他の取引所としては

などがあります。適宜一番良いレートのものを使ってみてください。

で、実際に交換する時の Sollet の画面がこのような感じのトランザクション処理の内容そのまんまで、正直よくわからないと思いますw

前述の交換数量がきちんと設定できていれば大丈夫でしたので、このまま進めます。

画面最下部の APPROVE を押していきます。

すると、数秒でこのような通知が出ると思います。これが出ればひとまずOK。

Orca の画面の左横の < をクリックすると保有トークン数が確認できます。

同じように $SOL を $SRM に交換していきます。

私がやった時、こちらは Fair Rate でした〜

こちらも同じように Exchange Complete! が出ればOK。

$RAY と $SRM のセットで流動性プールに投入

いよいよ大詰めです!

今度はRaydium上で $RAY と $SRM を、流動性プールに投入していきましょう。

RaydiumのLiquidity画面: https://raydium.io/liquidity/ にアクセスし、inputの対象に $RAY と $SRM をしてします。

こっちはちゃんと動きますw

で、先程入手した $RAY と $SRM の量が 1:1 になるように、数量を調節します。

調節が終わったらSupplyボタンを押して、投入していきます。

数量の調節がうまく行っていないと Supply ボタンが Insufficient xxx balance という表示に変わってしまい、クリックできなくなります。ご注意を。

またまたSolletの画面が出てきますので、こちらも APPROVE をクリック。

消えるのが早すぎて図が用意できなかったんですが、10数秒待つと投入完了の通知が出るはずです。

あまり親切に画面が遷移しないので少しヒヤヒヤすると思いますが、深呼吸して待ちましょうw

入手したLPトークンをステーキング

最後です!もう少し!

前項で流動性プールに $RAY と $SRM を投入したことで、LPトークンが入手できているはずです。

こちらをステーキングしていきます。

Raydiumの Farms 画面に遷移し、RAY-SRM LPを選択。Stake LP ボタンを押します。

ステークするトークン量を調節しつつ、Confirmを押していきます。

確か私、ここで特に通知が出ず「えっ!大丈夫!?」となりました。

しかもステーキング報酬の量もなんだかバグってるし…ということで不安要素満載。w

ですが、ここまで到達していればページをリロードしたり、Solletを接続し直したりすることで表示が直ると思います。お試しあれ。

お疲れ様でした!

まとめ

さて、今回はSolanaというブロックチェーン上で展開されている $SOL トークンを起点に $RAY と $SRM を入手し、分散型取引所: Raydium 上でステーキングを行う方法を解説しました。

いやー、RaydiumやSolletのUI/UXを見ていると黎明期感がすごいw

ところどころシステムが不安定で「ええっ…」となることもあったかと思いますが、無事ステーキングしファーミング出来ていれば嬉しいです。

果たして、この Solana のエコシステムは拡大していくのか…?期待ですね。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました