【今こそ読書を】Kindle Unlimitedで読書習慣を身に着けよう【始めよう】

ツール

「知識を身につけたいのであれば、本を読もう」

…わかってはいるんです。でも難しいんですよね、本を読むのって。

読書の習慣を身につけるための一つのツールとして、私はKindle Unlimitedをおすすめします。

読書習慣がなかったことへの後悔

私自身、学生時代の頃から全く読書する習慣がありませんでした。それで困ることもなかったので、いつまで経っても読書習慣が身につかなかったんです。

ところが就活を経て社会人になって、周りの同期・先輩・上司・お客さん… 様々な人と話しているうちに気づいたんです。

「あっ、私、教養ないな…」

このもやもやを表現するのが難しいんですが、例え話や過去の経験則をうまく話すための引き出しが足りない、そう感じるようになったんです。

この原因は3つ挙げられると思っています。

  1. 理系私大卒だったため、文系科目から目を背け続けてきた
  2. ずっと読書する習慣がなかった
  3. 自身の考えを形にして、相手に伝える機会が少なかった

1つ目は悔やんでも仕方がないと思っています。

「日本史も世界史も覚えたとしても、日々の生活の何の役にも立たない」

そう思っていましたし、ITエンジニアとして理系分野だけ頑張っていけばそんな歴史やら何やらなんて別にどうでもいい、とも思っていました。

こうこうこうだから役に立つんだ、と熱心に説いてくれる大人がいれば良かったのかもしれませんが、この文脈で重要性を伝えてくれる人はなかなか周りにいないものです。

ただ、2つ目に関しては完全に自身の怠惰であったと思います。

社会人になって、次第に資産運用に意識が向き始めると、経済・経営・政治・歴史・読解力・論理思考…

今まで逃げ続けてきた知識や能力が一層問われるんですよね。

  • 「日経新聞で出てくるこの指標、どういう意味だ?」
  • 「政治ニュースでよく出てくるこの人は誰だ?以前はこの人…って言われてもよくわからんぞ」

専門ではなくとも、少しでも読書をして知識を身につけていればこうはならなかったのかもしれません。

こんな状況をどうにかしたい…同じ境遇の人は少なくないはずです。今から挽回していきましょう。

ちなみに3つ目はこのブログを通して、より多くの人へ自身の勉強内容や考えをお伝えすることでカバーしていこうと思っています。

本を読むようになるには「手元にすぐ本が読める環境を」

では、本を読むようになるにはどうしたらいいか。私は

  • 手元に本が読める環境を作る

だと思っています。

  1. 書店にいって、入り口近くの自己啓発本に惹かれて買ってみたぞ!
  2. 分厚くて意外と邪魔だな、とりあえず本棚にでも置いておこう…
  3. あれ、あの本いつ買ったやつだっけ……

こうして積み本が増えていきます。(私もでした)

いつでも持ち歩いているもの: スマホやタブレットへ電子書籍を入れておけば、更に荷物がかさばることはありません。

そして休憩の時、通勤の時。ニュースやツイッターを見るような感覚で、すぐに本を読むことが出来るようになります。

まずこの障壁はスマホやタブレットへの電子書籍の導入でクリアです。

Kindle Unlimitedをオススメしたい3つの理由

ここで、Kindle Unlimitedが出てきます。オススメしたい理由は3つ。

  1. 毎月定額な費用によって、イヤでも読書を意識するようになる
  2. 本1冊の値段くらいで何冊も読めることのお得感
  3. 「あ、この本ダメだ」と思った時に取り返しがつく

です。順番に解説していきます。

毎月定額な費用によって、イヤでも読書を意識するようになる

クレジットカードの明細やAmazonの購入履歴に毎月1000円近くの出費がつくんです。

それ以上でもそれ以下でもないんですが、これが意外と効果的で、不意に読書への意識が消えかけていた時に思い出すことのきっかけになります。

「あ、1000円…」

無駄にしたくなくなるこの額も絶妙で、ちょびっと背水の陣な状況に自身を追い込めます。

本1冊の値段くらいで何冊も読めることのお得感

で、この約1000円という額。本1冊の値段とだいたい同じです。

不意にツイッターやYoutubeで紹介されていて気になった本を検索してみて、それが約1000円だった時。

お得感が出てきます。

「あ、この本ダメだ」と思った時に取り返しがつく

本は著者の文章の書き方や考え方、内容の構成によって合う合わないが出てきます。

「なんかこの本、専門単語が並んでばっかりでわかりづらいな…」

「この著者一体何を言ってるんだろう…よくわからんぞ…」

こうなった時、その本を返却して別の本を選んでしまいましょう。

Kindle Unlimited対象本であれば追加の料金はかかりませんし、後々気になったらその時に改めて読んで見れば良いんだ、と気楽に考えましょう。

今の私のおすすめ本

「じゃああんたはどんな本を読んでんのよ?」
「おすすめ本はどれよ?」

いくつかご紹介します。まずはとっつきやすい漫画本に手を出してみましょう。

まんがでわかる「学力」の経済学

自身の環境や年齢的に家庭を持つこと、子供が出来ることに関心が行くようになった時に読んでみた本です。

  • 目先の利益を優先してしまう傾向を利用して「今勉強したらお菓子をあげる」などの目の前のインセンティブを用意する
  • うまい話があった時にそれは因果関係の結果起きていることなのか、はたまた同時に起きているだけの相関関係なのか

こういった自身にも活きることを漫画を通して理解できる本でした。読みやすかったです。

ゆげ塾の構造がわかる世界史【増補改訂版】

今私が読んでいる本です。あるベストセラーの世界史の解説本を読んだ時に文字や単語だらけで挫折した理系の私がすらっすら読めているので、だいぶ読みやすいんだと思います。

全9章の構成で、古代ギリシアの発展やアメリカの銃社会の背景など、要所をかいつまんで解説してくれている良書です。

著者の方は受験世界史専門の「ゆげ塾」の講師をされているそうで、生徒への授業のような、なめらかな流れの内容になっています。

まとめ

読書週間がなかった私は、社会人になってこのことをとても後悔しています。

この習慣を身につけるためにKindle Unlimitedが効くぞ、しかもお得だぞ、ということがわかってきたので、書き起こしてみました。

この機会に改めて、読書を始めてみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました