【やり方解説】SBI証券の立会外分売に参加してみた!結果は…?【ギグワークス】

日本株

どんな記事?

こんにちは、Yama Harukiです!

さて今回は、私自身がギグワークス (2375) の立会外分売に申し込んだ時の流れ・やり方を、自身のメモついでに書き出してみました。

「企業のIR情報を見て、立会外分売に参加してみようと思ったけど、これってどうやってやるんだ…?」

「今立会外分売に申し込み中だけど、この後どうなるんだ…?」

このようなモヤモヤをお持ちの方に、少しでも

「実際に申し込むと、こうなるよ」

というのをお伝え出来ればと思います!

SBI証券の立会外分売に参加してみた

下記の記事で、私が個人的に目をつけている銘柄、ギグワークス (2375) 。

このギグワークス公式のIR情報を漁っていたところ、

株式の立会外分売実施に関するお知らせ

当社株式に関し、下記のとおり立会外分売を実施いたしますので、お知らせいたします。

出典: 2021年3月23日 ギグワークス株式会社 IR情報より
(https://www.gig.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ir20210323.pdf)

立会外分売をやるそうな。

「初めて聞いたぞ…何だこれは?」

と正直なったんですよね。

で、実施の目的を見てみると

6.実施の目的

更なる、社会的な認知度や信用力を高め、企業価値向上を図ることを目的として、将来的にはプライム市場への上場を目標としておりますので、当社株式の分布状況の改善及び流動性向上を図ることも目的と して行うものであります。

出典: 2021年3月23日 ギグワークス株式会社 IR情報より
(https://www.gig.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/ir20210323.pdf)

ほうほう、「プライム市場への上場」を見越したイベントなのか。

さらには「株式の流動性の向上」なども書かれてますね。

これは何かしら個人投資家として、何か株式を買いやすいイベントなのか…?

ということで、調べてみました。

立会外分売とは

すごく端的に言うと「投資家が、ある企業の株式を割安で購入することのイベント」です。

もう少し正確に書きますね。

立会外分売とは、通常の東京証券取引所などの売買取引時間外に、株式の大量の売り注文を、多くの投資家へ売り出す方法のことを指します。

今回のギグワークスのように、自社の時価総額の向上を狙って、将来的に東証一部(将来的にプライム市場に組み変わる予定)に上場を目指している企業が実施するイベントですね。

この方法で分売される株式は、通常の取引所での株式の購入時より、数%ほど割安で取引されることが知られています。

今回のギグワークスの件で見てみると、分売実施日の前日の終値: 2950円 から 2.51% だけ割引される形で、分売が実施されました。

ここまで見ると「安く株を買えるならやるしかないじゃん!」となるんですが、いくつか気にすべき点があります。

まず、分売される株式数はその案件ごとに決まっています

そのため、分売の申込数が多いと抽選になり、もちろん「抽選に外れて購入出来ませんでした」なんてことも大いに起こり得ます。

また、前述の通り、一定量の大量の売り注文が入ります。なので、地合いが悪い銘柄: 元々の業績が良くない、直近で何か悪いニュースがあった などであれば、分売で購入した後に株価が下落してしまうリスクもあります。

後者については、私は下記の記事に記載したとおり、ギグワークスは今後も株価が上昇するだろう…!と判断しました。

申込みの流れはこんな感じ

では、私が実際に ギグワークス (2375) の立会外分売に参加した時の流れをご紹介します!

結果はいかに…?

トップページから立会外分売ページへ

まず、SBI証券にログインした後、トップページ上部の

「立会外(分売・トレード)」

をクリックします。下記の図の赤枠で示した部分です。

SBI証券のトップページって、あんな情報やこんな情報がすっごく詰めて並べられてるんですよね…

何が何だかわからなくなってくるので、私あんまり得意じゃないです、こういうページ。w

ですが、NISA口座をSBI証券で作ってしまったので、なかなか鞍替え出来ないという…

…それはさておき、次に行きましょう!

取引画面へ

前述の赤枠部分をクリックすると、こんな感じのページが出てくると思います。

私がちょうどこのページを見たときには、ギグワークスを含めて2社、対象銘柄がありました。

ということで、現在対象になっている銘柄を確認しつつ、赤色の矢印で示したボタンをクリックしていきます。

銘柄の選択

下記のような感じで、立会外分売の取扱銘柄の一覧が出てきます。

画像の右下、赤枠で囲っている部分。

今回買付の申込みをしたい、ギグワークスの「買付」リンクをクリックしていきます。

注文を入力

このような感じの買付株式数の入力画面が表示されると思います。

分売価格や割引率、受付開始・終了時刻を確認しつつ、確認画面を経て注文していきます。

注文するとこうなる

注文後、画像の赤矢印で示した「注文照会 取引・訂正」をクリックしてみます。

すると、このような感じで自身の注文状況が確認できると思います。

今回購入したかったギグワークスの取引が 分売買 となりつつ 注文中 になっているので、無事申し込めていそうなことがわかります。

ご覧の通り、100株分申し込んでみています。

あらためてスケジュールを見てみると

前述の通り、立会外分売のスケジュールが

  • 受付開始時刻: 3/23 18:00
  • 受付終了時刻: 3/24 9:00

となっていました。

この受付時間が終了した後、

  • 約定通知: 3/24 9:00
  • 保有証券一覧への反映 3/24 9:00 (同時刻)

という形で物事が進んでいきます。

なので、受付を開始した翌日の9時に、自身の申し込んだ分売がうまく行ったかがわかることになります。

結果は…?

ということで、最後に私自身がこの立会外分売に申し込んだ結果をご紹介します。

結果は…

「ハズレ」でした!!w

SBI証券では、自身が申し込んだ買付がハズレると 失効(その他)という扱いになるようです。

うーん、残念…

まとめ

さて、今回は私自身が ギグワークス (2375) の立会外分売に参加した時、具体的にどういった流れで行ったかをご紹介しました。

今回は残念な結果になってしまいましたが、

「企業のIR情報を見て立会外分売に参加してみようと思ったけど、これどうやってやるんだ…?」

「今立会外分売に申し込み中だけど、この後どうなるんだ…?」

このようなモヤモヤをお持ちの方に少しでも

「実際に申し込むと、こうなるよ!」

というのをご紹介できていれば幸いです。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました