【Solana】 Apeboard で保有資産を一括チェック!【BSC】

DeFi

こんにちは、Yama Harukiです!

今回は BSC や Solana などの異なるブロックチェーン上のトークンたちの運用状況を、まるっとひと目で確認することができる Apeboard: https://apeboard.finance/ をご紹介します!

いわゆるポートフォリオ可視化ツールですね。

一度使うと、すごーく便利なことがわかりますよ!

この機会に是非!チェックしてみてください〜

BSC や Solana を渡り歩く時のお供に!

昨今 Binance Smart Chain (BSC)Solana など、様々なブロックチェーン上で展開されるプラットフォームが、日々わんさか誕生していますね。

例えば、私のブログでも紹介している Alpaca Finance: https://www.alpacafinance.org/

こちらはBSC上のイールドファーミング(資産を預けることで流動性を提供し、その対価として金利や手数料を得る仕組み)プラットフォームです。

憎めないデザインのアルパカさんがトレードマークとなっていますね。

独自トークンの $ALPACA を発行していて、ステーキングの報酬や、NFTトークン獲得のための必要資産として利用されています。

はたまたこちらは、Raydium: http://raydium.io/

Solana チェーン関連でおそらく一番有名なDEX: 分散型取引所で、独自トークンの $RAY を発行しています。

こちらもイールドファーミングの対価や、IDO(Initial DEX Offering: 取引所がトークンの初売りを代理で行うこと)参加権の獲得用途などで使われていますね。

ということで、様々なトークンに触れていると自身の資産が分散してしまい、自身の資産運用状況がよく分からなくなるんですよねw

Apeboardとは?

そこですごーく便利なのが、この Apeboard: https://apeboard.finance/ です。

この Apeboard は、自身のウォレットアドレスを入力すると、そのアドレスに紐付いている

  • ウォレット上の保有トークン
  • DEXにステーキングしているトークン (ペアを含む)
  • DEXにステーキング報酬

これらをすべて、まるっと可視化してくれるんです!

BSCにも、Solanaチェーンにも対応していますよ。

もう少しお見せすると、私が利用している Alpaca Finance や PancakeSwap 、はたまた Uranium Finance も、こんな感じでぜーんぶ見えるんです。

(弱小投資家なので、保有額はマスクしています…お恥ずかしい)

いやー、これを見つけた時は本当に感動しましたw

いちいち色々なサイトに行って、評価額をチェックする必要がなくなります!

DeFi版マネーフォワードと言っても良いかもしれませんね。

一応まだベータ版扱いなようですが、十分動作は安定していますので、私も愛用しています。

記事執筆時点ではしっかりタダで使えますので、ご安心ください!w

使い方解説

では早速、どうやって使うのかをご説明していきます!

Apeboardにアクセス

なにはともあれ https://apeboard.finance/ にアクセスします。

すると、こんな画面が出ると思います。

こちらの中央部分の Address に、自身のウォレットアドレスを入力してみましょう。

Metamaskのウォレットアドレスをコピー・入力

Metamaskをお使いであれば、こちらのアカウントのアドレスが表示されている部分をクリックすると、自身のウォレットアドレスがコピーできます。

コピーできたら、こちらを前述のApeboardの Address にペーストしてみましょう。

そうすると、どんどん自身のトークンが表示されると思います。

大量の種類のトークンを保持している場合、表示に時間がかかるかもしれません。

がしかし、そんなに遅く感じることはないはずです。

Sollet のウォレットアドレスも合わせて登録してみよう

では次に、Sollet ウォレットのアドレスも入力して、まとめて可視化出来るようにしてみましょう。

今度は Apeboard の画面右上の Manage Profile をクリックします。

するとアドレスの入力画面が表示されますので、ここに先程コピーしたMetamaskのアドレスや、Solletのアドレスを入力して Add をクリックし、追加してみましょう。

こんな感じになるはず。

ちなみに Sollet については https://www.sollet.io/ にアクセス・ログインした後、

赤枠で囲った RECEIVE ボタンを押して、

出てきたウィンドウで、下図の赤枠で囲った部分のアイコンをクリックすると、アドレスがコピーできます。

こちらを Apeboard に入力した後、トップページに戻った時にまるっと資産が表示されればOKです。

お疲れさまでした!

ちなみに、資産表示に対応しているプロトコル群は https://docs.apeboard.finance/supported-protocols で確認できます。

かなり対応範囲は広いとは思いますが、対象チェーン上のすべてのトークンを表示できるわけではありません。ご注意を。

まとめ

さて今回は、BSC や Solana などの異なるブロックチェーン上のトークンたちの運用状況を、まるっとひと目で確認することができる Apeboard: https://apeboard.finance/ をご紹介しました。

DeFi版マネーフォワードといっても過言ではないこのツール。今後の発展に期待ですね。

日々の資産の評価額の推移とかを出してくれるようになると、すごい嬉しんだけどなぁ…

タイミングがあれば要望を出してみようと思いますw

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました